日中韓学生フォーラムのお知らせ

2011年8月3日~8月8日にかけて、日韓共同主催で「日中韓学生フォーラム」が開催されます!

 

 私も3年前の夏に参加したのですが、フィールドワークやテーマ別議論、

 文化交流など充実したプログラムを堪能することでができました。

 

 その時に知り合った韓国や中国の友人とは今でもやり取りをしており、

 先日韓国へ行った際にも、大歓迎してくれました。

 

 そんな学生フォーラムが、今年も開催されます!

 興味のある方は、ぜひ下記の問い合わせ先にお問い合わせ下さい。

 

 

           ****************

 

 

  2004年から昨年まで7回にわたり日中韓の大学生を対象に開かれた東北アジア青年フォーラムが、

本年も韓国政府の支援の下、下記の要領で開催されることになりました!

 

 グループディスカッションでの率直な話し合いやリクリエーションの時間、

そして、それぞれの国の文化を相互に体験する活動や、歌や踊り等を披露しあう「文化公演」等の

プログラムを通して、お互いへの理解や新密度が深まります。

 

更には、ソウルの街を一緒に散策といった体験を通して韓国の文化を肌で感じることもできます。

 

 このフォーラムへの参加をきっかけに韓国や韓国語への関心が深まり、韓国への語学留学や

交換留学を果たされた方たちや、親しくなった中国の友人を訪ね旧交を温めたという方たちも

これまで多数おられます。

 

韓国や中国に一生の友人を得る機会ともなりうるこのフォーラムに是非、ご参加下さい。

 

 

 

期 間: 2011年8月3日(水)~8日(月)(5泊6日)

主 催: 韓国MRA/IC本部(青少年教育団体)

協力団体: (社)国際IC日本協会(日本での応募先)

          中国国際青年交流センター、及び、中国国際交流協会(中国)

後 援: 大韓民国政府 女性家族部

会議の内容

  -韓国の有識者による講演

  -テーマについてのグループでの討論と各国代表による発表

  -レクレリーション、各国文化体験活動やそれぞれの国の歌や踊り等を披露しあう「伝統文化公演」の開催

  -韓国の文化施設等の見学、グループでのソウル市内の散策

 

テーマ:『 社会を発展させるための青年の役割 』

 

サブテーマ

1.社会を発展させるために青年の関わりをどのように活性化させられるか

  (社会の構成員としての責任と義務を認識し、社会発展のために青年の関わりを活性化す

   る方法を考える)

 2.青年の関わりを通して力を高めるために

   (青年の関わりが個人と社会の力を高める好ましい影響について調べる)

 3.青年の関わりを増進させるためのプログラムの開発

   (3国の青年たちの社会への関わりを大きく出来るようなプログラムに関して事例を中心

    にして調べる)

 

 

*サブテーマの事前学習と発表について

 各国10名ずつ、同じサブテーマを共有するグループ毎に別れ、事前に調べてきたことを元に

意見交換を行い、その意見交換のまとめを全体会議で報告します。又、それとは別に、

グループ・ディスカッションに先立ち、各国毎に事前に調べてきた成果を各国の代表者が発表します。

 

 1のサブテーマは韓国が、2は中国、3は日本の代表がパワー・ポイントを用いて発表を行います。

サブテーマの選択は、各グループの人数の調整のため、必ずしもご希望のものにならないかもしれません

ので予めご了解下さい。

 

 

募集人数: 日本30人 大学生、大学院生(各大学から3~5名)

         (韓国、及び中国の大学生・大学院生もそれぞれ30人づつが参加予定)

 

参加費: 5万円(航空運賃、旅行保険料、参加事務費)

【内訳】航空運賃は韓国政府から一部補助があります。滞在費はMRA/IC韓国本部が負担。

     羽田空港⇔自宅の交通費は自己負担となります。

 

参加申込み第一次締切: 6月1日(水)

申込説明会: 5/25(水)及び5/27(金)の17時-18時、当協会事務局にて開催

 

参加に当たって

 この行事を更に意義深いものにするために事前に語学や話し合いのテーマについての

勉強会を行います。

(会議中、参加者は、それぞれの言葉を使い、それが各国語に通訳されます。食事や自由時間

には各自の出来る言葉でコミュニケーションを図ってください)

 又、「伝統文化公演」の演物を考え、一緒に練習もします。この過程で、日本からの参加者同士

もお互いに仲良くなることが出来ます。

 

※ 尚、参加が決まった方は、サブテーマについての小論文(A4用紙2枚程度)を参加申込書

 及び顔写真1枚と共に国際IC日本協会にEメールの添付ファイルで6月15日(水)までに、

 お送り下さい。又、帰国後、1 週間以内に感想文(A4用紙2枚程度)の提出もお願いします。

 (送り先:ebihara@jp.iofc.org

 

 

 

スケジュール(予定、4月26日現在)

 

8月3日(水) (第1日)

出発 12:20 羽田発(KE2708便) 

14:35 金浦空港着

17:00-18:00 開会式(於:国際青少年センター国際会議場)

 

主題講演

18:00-19:00 歓迎夕食会

20:00-21:00 参加者オリエンテーション

21:00-22:00 特別講演

22:00-23:00 グループ別参加者自己紹介等

  (国際青少年センター泊)

 

 

8月4日(木) (第2日)  

07:00-08:00 起床、洗面

08:00-08:40 朝食

09:00 天安にバスで移動

12:00-13:00 昼食

13:00-14:00 韓国学生参加者代表、サブテーマ1についての発表

14:00-15:30 グループ別討論

15:30-16:30 中国学生参加者代表、サブテーマ2についての発表

16:30-18:00 グループ別討論

18:00-19:00 夕食

19:00-20:30 リクリエーション

20:30-22:00 各国文化体験活動          

(国立中央青少年修練院泊)

 

 

8月5日(金) (第3日)

07:00-08:00 起床、洗面            

08:00-09:00 朝食

09:00-10:00 日本学生参加者代表、サブテーマ3についての発表 

10:00-12:00 グループ別討論

12:00-13:00 昼食

13:30-15:00 グループ別討論のまとめ

15:00-16:00 討論のまとめの発表

16:00-18:00 野外活動

18:00-19:00 夕食

19:00-20:00 文化公演準備

20:00-22:00 各国参加者による伝統文化公演

        (国立中央青少年修練院泊)

 

 

8月6日(土) (第4日)

07:00-08:00 起床、洗面

08:00-08:40 朝食                

09:00-12:00 ソウル・国際青少年センターに移動

12:00-13:00 昼食

13:00-18:00 韓国文化体験施設訪問

18:00-19:00 夕食

19:00-20:00 交流茶話会

20:00-20:45 ソウル文化探訪の準備

20:45-22:00 共同宣言文作成 

(国際青少年センター泊)

 

 

8月7日(日) (第5日)

08:00-08:40 朝食

09:00-17:00 ソウル文化探訪       

17:30-18:00 閉会式準備

18:00-19:30 閉会式

19:30-22:00 送別夕食会

(国際青少年センター泊)

8月8日(月) (第6日)

ソウルより出発 16:30 金浦空港発(KE2709便) 18:35 羽田着、解散

               

            

《 宿泊及び会議会場 》

 1.ソウル、国際青少年センター International Youth Center (DREAMTEL)

   801 Bangwha-Dong, Kangseo-Ku, Seoul 157-223

   Tel:+82-2-2667-0535 Fax:+82-2-2667-0257

 2.天安 国立中央青少年修練院

   忠清南道天安市木川面校村里246-1

   Tel:+82-41-620-7792 Fax:+82-41-620-7799

   

 

 

 

 

ご応募、並びに詳細の問い合わせについては、下記までご連絡下さい。

 

社団法人 国際IC日本協会(担当:海老原、長野)

〒156-0055 東京都世田谷区船橋1-54-14

TEL:03(5429)1156 FAX:03(5429)1157

E-Mail:ebihara@jp.iofc.org ホームページ http://www.jp.iofc.org/