ガンジス川で12年

世界にはすごい人がいるもんだなぁというお話。

 

私の知り合いで世界40カ国以上、

世界遺産も有名どころはほぼ行った(それでも全体の10分の1くらいらしいです)方がいます。

その人はアマゾンで見たことのないようなフルーツであたってひどい目にあったそうです。

・・・あ、この話は汚い方向に行ってしまうので詳しくは書きませんが、

肉とか牛乳とかのたんぱく質系よりもフルーツの恨みは怖いということだけ・・・。笑

 

 

さて、その方のご友人で私は直接会ったことはないのですが、

汚いことで有名なインドのガンジス川を12年間毎日泳いでわたっているそうです!!!

すごいですよね。

 

ガンジス川の向こう側には、不可触民とされる人が暮らしている地域があるため、

普通のインド人は渡らないそうですが、

その方は向こう側で友達も作って、一緒にきゅうりを食べて帰ってくるそうです。

 

病気らしい病気は一通りやったらしく、もう平気らしいです。

そればかりか、泳いでいるときの水の感じで何の死体が近くに浮かんでいるか分かってしまうそうです。

 

・・・すごい。

 

ついでに言えば、奥さんはインド人。

結婚に関して言えば、カースト制のインドでは旦那さんのカーストを受け継ぐので、

インド人男性と日本人女性の結婚はいいけれど、逆はありえないそう。

外国人は宇宙人と一緒なので、不可触民以下なんだとか・・・。

それを超えてまで結婚・・・

 

…すごいですね。

 

世界ってすごいわー。と、思ったのでした。

過去のブログはこちら