「内向き」若者への非難ではなく応援を!

昨日の日韓戦はすごかったですね♪

さて、今日の記事はJAPAN BUSINESS PRESSの記事から。

 

「若者よりも内向きで保守的な団塊世代 日本百年構想:若者への非難ではなく応援を!」 です。

 

若干少し前に紹介した「内向きな若者じゃダメですか?」 に似ているのですが、

もう少し熱めな感じだと思います。



この記事をざっくり言えば、

 

最近若者が内向きだって批判ばかりしているけど、そうなの?

留学生の数が減ってる?4年間の調査で内向きどうか判断するのもおかしいし、

ゆーて、あなたの時代よりましでしょう?

結局、日本に世界中のお金が集まったバブル期にちょっとちやほやされたおっさんが、

自らの恥ずかしい勘違いに気づいて自信を喪失し、内向きになっているだけではないの?

 

「内向き」になったのも、君らにだって、君らが作った環境にだって責任があるでしょう?

その時代遅れのシステムが、今から社会の舞台で戦おうとしている若者のモチベーションを著しく下げ、

プレッシャーだけを肥大させている。

 

だから、頭ごなしに怒鳴るなや。

生きる時代が違えば、育つ人間も違う。

あなた方に求められているのは、若者を内向きだと叩くことではなくて、

国を愛し、国で育てた若者を信頼し、力を発揮できるための環境を与え、

声を枯らしながら応援し続けることだ。

私たちはチームなのだから。

 

そして若者は環境を整え、声を枯らして応援してくれるサポーターのために、

その苦労を忘れさせるだけの活躍をし、熱狂させる責任がある。

だから、頑張ってちょうだいよ!

 

と。

 

(※元ネタにはサッカー要素もちりばめてあるので、是非ご一読を!笑)

 

なるほど。

私(若者)からすると、内向きになっている理由を今のシステムのせいにしてしまいたくはないけれど…

 

けれど、きっと社会自体が「グローバル」を目指していないのだとすれば、

時代に合わせて変わっていく必要はあるはずだから、

その変化は世代を超えて、知識を超えて、いろんな人が力を合わせたほうが早く出来るはずだから、

 

「おっさんも頑張るから君らも一緒に頑張っていこう」

 

という、そういうエールがもしあるなら、(書かれた方はまだ学生だとか)

すごくすごく励みになるなぁと

しみじみしたのでした&