日本企業の開国も必要?多様な採用方法を

私が通う大学に留学をしているアメリカ人の友達が、日本の企業に就職活動をしている。

 

最近彼に会うたび、「就職が上手くいかないorz」と落ち込んだ表情をみせていたので、

大丈夫かな・・・??と心配だった。。

彼曰く、日本の企業は一斉採用であること、

新卒が極端に優遇されていることに

外国人学生は四苦八苦しているようだ。

 

日本のような就職活動形態をとる国は珍しい。

自分で書類を作成し、個人的にアポイントを取ってアピールをする国から来た

外国人学生にとってみれば、さぞかしやりにくいのだろう。

日本企業も、もっと多様な採用形態を推進するべきなのではないだろうか?

確かにグローバル人材の採用を推進する企業が増えている。

しかし、昨年留学生を対象とする合同企業セミナーに参加した時に

留学生にインタビューをして回ったら、

「日本人並みの日本語が必須とされている・・・。」

「なんだかんだ言ってアジアのの学生が多く採用される。欧米諸国の学生には難しい。」

「外国人学生を採用したいと言いながらも、ごく少数で狭き門だ。」

と不安を隠しきれない学生が多くいた。

 

大学のアメリカ人の友人に、企業に提出するエントリーシートに代わる

「業務履歴書を日本語で作ったから、チェックして欲しい。」と連絡が来たので、添削することになった。

 

うーーーーーん。難しい!!

 

なんともアメリカ人的な表現、つまりゴリゴリに自己主張していかにも自分が優秀で、

負けをとらないかという主張が連発されていた

日本語をただチェックして直すだけではない難しさに頭を悩ませた。

日本人、日本の企業の性質や文化から来る「求める人物像」と、「表現」の仕方、

それと彼の主義主張、その伝え方がそぐわないのだ。

 

しっかり自己主張するという彼の特徴を消さずに、かつ日本人にとって鋭すぎない表現に修正をかけていくことに努力した。

外国人留学生が、日本の企業文化をしっかり勉強し把握し合わせていくべきなのか?

日本の企業が海外の企業と同じような採用方法も取り入れ、柔軟になっていくべきなのか?

どちらも大切なのだろうが、私は、もっと日本の企業が多様な採用方法を取り入れていく

ことが必要なのではないのだろうかと思う。

 

日本企業も開国を!!